ArtistTOP | HOME 

吹田 千明◆陶芸作家◆自然が私に教えてくれる。空、水、木、葉、すべての自然が時とともに変わり、私のつくるものは、その中で同化されつつも、自然とは違う何かを伝えるものでありたい。ぎふちょうの郷近く篠原に陶芸教室(陶釉舎とうゆうしゃ)ギャラリー(かもでぇいら)工房を営んでいます/昨年12月の枯野を歩くうち箱根細工を集めた本間美術館に何気なく入った。その時これだ!と思った。私が試みていた陶の技術は箱根の伝統技術の寄木細工と同じことだったのだ。黒い陶土の表面に練りこみの4色の磁器土をのせて、2cmの立法体にカットする。これをレンガのように積み重ねてゆくのだ。私の造形は、陶器でもなく、磁器でもなくハーフトージ。(個展案内状より)一部修正<作品紹介>陶釉舎窯場(ガス窯内吹田千明作品)photo by Sasaki Etsuhiro/2001年キューブシリーズ(江川蔵)/2001年吹田千明個展 Peace 100 Pieces Gallery かも・でぇいら/2002年吹田千明個展 キューブシリーズ 木の葉画廊/1992年いきるシリーズ